展覧会Exhibition

浅見貴子 - 未然の決断
変容
2650×206㎜
墨、顔料、樹脂膠、白麻紙

  • 浅見貴子 - 未然の決断

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

浅見貴子 - 未然の決断

2021年11月20日(土)- 12月5日(日)

この度アートフロントギャラリーでは、浅見貴子の個展を開催致します。
日程 2021年11月20日(土)- 12月5日(日)
営業時間 水~金 12:00-19:00 / 土日 11:00-17:00※短縮営業
休廊日 月曜、火曜
作家在廊 11月20日(土)13:00-17:00
浅見貴子 表現者から創造者へ
高階秀爾(大原美術館館長) 
                              
 私が浅見貴子の作品にはじめて接したのは、2010年、大原美術館の若手芸術家支援プロジェクトのひとつであるARKO (Artist in Residence, Ohara) 事業の招聘者として浅見を招いた時のことである。その時浅見は、倉敷の街から少し離れた児島虎次郎の旧邸、無為村荘を制作の場として、当初はまず庭の松の木のスケッチに没頭した、それによって樹木の形状位置のみならず、周囲の空間をも充分に捉えた後に、紙面の裏から大小濃淡さまざまの墨線墨点でその存在を再現した。結果は見事なもので、一見墨跡としか思われないものの中から、確かな存在として樹木が出現し、同時に周囲の空間、そこに溢れる光や空気まで立ち表れて来る。
 それから10年後、東京の中村屋サロン美術館で開かれた浅見貴子展「変容のプロセス」で、また改めて驚かされた。会場にはかつて無為村荘で制作された作品などもあったが、それと同時に「gray net」と題された作品が展示されていた。「gray net」とは、アトリエの窓から網戸越しに見える光景を描き出したものである。網戸だから庭を眺める妨げにはならない。しかし意識の上では網戸は空間をこちら側とあちら側に分断する。その分断を避けるため、浅見は画面に網戸の網目格子をも取り入れた。それによって画面は、「あちら側」の空間ではなく、あちら側もこちら側もないひと続きの、確かな存在感を持った絵画空間を生み出した。浅見貴子は、新しい空間の創造者となったのである。

アーティスト

トップに戻る