展覧会Exhibition

中谷ミチコ: 引き出しの中のドローイング
《手を伸ばす》2021、 越後妻有里山現代美術館 MonETの為のドローイング

  • 中谷ミチコ: 引き出しの中のドローイング

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

中谷ミチコ: 引き出しの中のドローイング

2021年8月6日(金) – 9月5日(日)

この度アートフロントギャラリーでは、中谷ミチコのドローイング展を開催致します。

日程 2021年8月6日(金) – 9月5日(日)
営業時間 水~金 12:00-19:00 / 土日 11:00 - 17:00 ※時短営業
休廊日 月曜日、火曜日および8月11日-15日
作家在廊 8月6日(金)12:00-13:30
中谷ミチコは1981年東京生まれ。ドイツのドレスデン造形芸術大学修了後、現在三重県にアトリエを構え制作活動を行っています。2010年にVOCA展(上野の森美術館)奨励賞受賞、2018年「DOMANI・明日」展(国立新美術館)出品、大地の芸術祭アートトリエンナーレ2018(新潟)参加、そして2019年三重県立美術館での個展開催など、近年美術館等の企画展でも活躍の場を増やし、今後も国際展や美術館での発表を予定しています。また、2020年には東京メトロ銀座線虎ノ門駅に幅9mのパブリック彫刻「白い虎が見ている」を設置し、中谷独自の技法による立体表現と、その迫力が大きな話題となりました。今年1月には、これまでの活動と将来性から選考され新鋭作家に贈られるタカシマヤ美術賞にも選ばれるなど、今もっとも注目度の高いアーティストの一人と言えるでしょう。

彫刻家・中谷の代表作は、一般的なレリーフとは異なり凹凸が反転している立体作品です。凹んだ造形、その空虚の中にモチーフが存在し、「不在性」と「実在性」を問い続けるその作品は、鑑賞者と物体の間に複雑な距離感をもたらし、「そこにあるのに、ない」不思議な存在です。この輪郭が曖昧でやわらかな印象を与える彫刻作品は「絵のような彫刻を作れないか」と中谷が試行錯誤をはじめたところから始まっており、イメージの源泉であるドローイングは中谷の創作の中で必要不可欠な表現なのです。

今回のアートフロントギャラリーの展示では、そのドローイング作品を中心に展開します。以前中谷は、「薄い紙のドローイング作品もその存在自体が彫刻の様に」と語っていたことがありました。そう、中谷にとってはドローイングも彫刻なのです。白い紙に彫刻を置くようなイメージでドローイングしたり、脳裏のイメージを紙の上に流す用に描き続けたり、日常的にも、制作を続ける中でも中谷は数えきれないほどのドローイングを描いています。本展では、この夏にリニューアルオープンする越後妻有里山現代美術館に収蔵される彫刻作品の為のドローイングや、コロナ禍の中で日常的に描き続けてきたドローイングを展示予定です。中谷はこれまで主にA4サイズ程度の小さなドローイングしか発表してきませんでしたが、今回は彫刻作品を想起させる大型のドローイングも発表。新たな中谷作品の魅力に出会える展示になることでしょう。またあわせて、ドローイングとリンクする新作レリーフ作品、立体制作の過程で制作される粘土原型も出品予定です。

彫刻家・中谷ミチコの創造の源泉を覗き込む展覧会となる本展を、是非ご高覧ください。

《潜む》2021、越後妻有里山現代美術館 MonETの為のドローイング


現世と異界とを壁抜ける御伽草子
金沢21世紀美術館 キュレーター 立松由美子
 
 緑に包み込まれる童の姿が目に映る。うつむき加減に肩をすくめているが、描かれた顔貌や色がふんわりと柔らかくて、その表情は今ひとつはっきりしない。この子どもは安心しているのか、それとも何かを怖れているのか。またはどちらでもあって、今は安心しているが将来に不安を感じた瞬間だろうか。中心の構図は奥深い森のようにも、胎児を孕んだ母体のようにも見える。中心から左右に拡がっていく緑は夢のように連綿と連なるリズミカルな層。肉体の内側に宿る自然の生命や古の記憶を感じさせる。触手のように天に向かって伸びる形は森の木々の枝なのか、海の藻かもしれない。炎のように生命の焔がすっと穂を伸ばす、その移り目の生命の諸相、揺らめき、そのときめき、その変容を捉えた感覚細胞のようでもある。
 
 このように中谷ミチコの作品には、いろいろなパースペクティブがひとつに詰め込まれていて、それらを絡み合わせることによって、何か新しい世界観が浮かび上がってくるような仕掛けが施されている。鑑賞者は作品と出会った途端に、断片的だった記憶や想いが結び合い、それまでは互いに関連がなかったカケラが自動的に新しい物語を紡ぎ出すことを体感するはずだ。
 
 本展は、2021年夏にリニュアルオープンする越後妻有里山現代美術館 MonETに収蔵される12連作レリーフの制作中に描かれたドローイングを中心に構成されている。描かれた作品モチーフの描線や質感は、中谷がコロナ禍で、テクニックの修練ではなく、心のエクササイズで描いた日々のスケッチがベースになっている。誰かに必要とされているわけでもない、そのスケッチは小説家やマラソン選手のように孤独な自分との闘いの痕跡である。ドローイングの描線や形が曖昧であればあるほど、人は大きな物語を語るだろう。
 
 その物話の主人公は語り手となる私たち自身であり、お話は変化し続け、終わりは存在しない。この空間では一人称の私だけでなく、三人称の「犬のお母さん」が物語を見守る。「犬のお母さん」は絶対的な他者ではなく、自己を他者に投影したものなのだ。これは、自分の心の奥底を徹底的に描くと決めた中谷ミチコが、深奥で手を広げるようにして掴み取ったものなのである。主人公は語り手自身となり、終わりのない結末を紡ぎ始める。歴史的には存在しないけれども、あなたが見たい世の中の変化、その変化にあなたがなり、いちども現実になったことのない物語があなたの大切な人を未来へ導くのだと作品は語り始める。
(2021/06/28)

参考作品:《遠方の声》2021、越後妻有里山現代美術館 MonET蔵






アーティスト

トップに戻る