展覧会Exhibition

河口龍夫 個展 : 関係―中原佑介、あるいは創造としての批評
フレームの外側あるいは未関係の領域 / 2002 / 紙に鉛筆/ 380 x 560 mm

  • 河口龍夫 個展 : 関係―中原佑介、あるいは創造としての批評

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

河口龍夫 個展 : 関係―中原佑介、あるいは創造としての批評

2019年2月7日(木) – 3月3日(日)

この度アートフロントギャラリーでは、河口龍夫の個展を開催致します。
展覧会初日には、18:30よりアーティストトークも行います(45分程度)。お席の確保のため、事前のお申し込みにご協力ください:>申し込みフォーム
日程 2019年2月7日(木) – 3月3日(日)
営業時間 11:00 - 19:00 (月、火休)
レセプション / アーティストトーク 2019年2月7日(木) 18:00-20:00 (トークは18:30-)
河口龍夫は、1940年、兵庫県神戸市に生まれ、1962年に多摩美術大学絵画科を卒業して以来、50年以上のあいだ、日本を代表する現代美術アーティストとして、現在もなお最前線で活躍し続けています。鉄・銅・鉛といった金属や、光や熱などのエネルギー、化石や植物の種子などを素材に、物質と人間や時間との関係をテーマにしたコンセプチュアルな作品を制作しています。

河口作品の主要なコンセプトに「関係」という概念があります。多くの作品に「関係」というタイトルがつけられています。その河口の言う「関係」とはいかなるものか、傍で見続け、批評を行っていた人物に中原佑介がいます。中原佑介は1931年生まれ、京都大学理学部卒業後に、美術評論家に転身。以降、現代美術の黎明期である戦後の日本で、美術家と併走しながら精力的に批評を書き続けるほか、多くの重要な展覧会の企画を手がけます。そのひとつである「東京ビエンナーレ1970 人間と物質」展では、河口龍夫も出展しています。中原佑介は2011年に、惜しまれつつもこの世を去りますが、今後とも語り継がれていくべき功績を残しています。

本展では、展覧会のタイトルを「関係―中原佑介」と題し、2002年に現代企画室より版行された『関係と無関係 河口龍夫論』の装丁で使用されたドローイングの原画を29点のほか、この本を素材にした小作品を展示いたします。

河口龍夫とアートフロントギャラリーの協働は、80年代に遡ります。以来現在に至るまで、ファーレ立川パブリックアート、越後妻有アートトリエンナーレ、奥能登国際芸術祭等、地域にも遠くからの来場者にも記憶に残る印象的な作品を手がけてきました。代官山での展覧会は1989年(於:旧ヒルサイドギャラリー)以来、実に30年ぶりとなります。本展は、2019年GWより磯辺行久記念越後妻有清津倉庫美術館にて開催する「河口龍夫展:時の羅針盤」に先駆けて開催されるものです。どうぞ両展あわせてお楽しみください。

トップに戻る