展覧会Exhibition

金氏徹平 - Summer Fiction

  • 金氏徹平 - Summer Fiction

サムネイルをクリックすると、拡大表示します。

金氏徹平 - Summer Fiction

2018年8月3日(金)-9月9日(日) 

この度アートフロントギャラリーでは、金氏徹平の個展を開催致します。どうぞご期待ください。
日程 2018年8月3日(金)-9月9日(日) 
営業時間 11:00 - 19:00 (月曜、火曜および8月13-17休廊)
金氏徹平は、1978年、京都府に生まれ、2003年に京都市立芸術大学大学院彫刻専攻を修了し、現在も京都を拠点に活動しています。この度、アートフロントギャラリーでは、初めての個展となります。
彫刻やインスタレーションを中心に、絵画、写真、映像、舞台美術など幅広い領域で制作をしていますが、金氏作品を特徴付けるのは、その素材と手法です。

現代の高度消費社会で大量に生産されるフィギュアやおもちゃ、日用品などを収集し、それらのパーツを分解し、その物質が本来持つ用途や意味を一度消失させます。その上で、それらを組み合わせ、再構成させるコラージュ的手法で、作品を作り上げています。

 2009年には、横浜美術館にて、史上最年少個展作家となる「溶け出す都市、空白の森」を開催するほか、2016年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて、個展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」を開催。

近年では、舞台美術の制作にも積極的に関わっています。チェルフィッチュ「家電のように解り合えない」(2011年、あうるすぽっと)、KAATキッズプログラム 岡田利規演出「わかったさんのクッキー」(2015-2016、KAAT)、ダンサー辻本知彦と島地保武のユニット「からだ」の公演「あし」(2018年、象の鼻テラス)の舞台美術を担当するほか、自身の映像作品を舞台化した連作「TOWER」は、2018年六本木アートナイトのメインプログラムとして、六本木ヒルズアリーナにて展開したことは記憶に新しいでしょう。

本展は、今年金氏が参加作家のひとりとなっている「大地の芸術祭 越後妻有アート トリエンナーレ」(7/29〜9/17、新潟県十日町市、津南町)との連携展覧会として開催されます。
金氏が芸術祭でテーマとするのは、ずばり「越後妻有地域の雪」。日本有数の豪雪地帯である越後妻有地域は、冬のあいだ、都市では見ることのない光景、道具がたくさん現れます。そうした状況に関心を寄せ、夏のあいだは眠るだけの除雪車の格納倉庫を会場に、除雪車、除雪道具を用いた彫刻作品を中心にし、雪降る2月に取材・撮影をした写真、映像、音を組み合わせた作品空間を生み出す予定です。

一方で、代官山では、テーマを同じくして、家庭用ミニ除雪機、信濃川の石を素材にした彫刻作品ほか、非日常的な雪の風景にマンガなどのイメージをコラージュした写真作品、映像作品など、新作を展開します。真夏の会期中に現れる、豪雪地帯というテーマをぜひお楽しみください。

関連情報:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018の出品に関してはこちら

トップに戻る